脱毛方法の種類とメリット・デメリット - Juno women's beauty 渋谷 宮益坂院【東京 渋谷の美容皮膚科】

脱毛方法の種類とメリット・デメリット

脱毛イメージ

7月も目前!夏本番に突入する前に脱毛を検討される方は多いかと思います。

しかし、単に脱毛といっても様々な方法があって、どの方法が良いか分からないですよね。

今回は、脱毛方法の種類と、それぞれのメリットやデメリットをまとめてご紹介します♪

ぜひ、ご自身に合った脱毛方法を選ぶときの比較・検討材料にしてくださいね。

エステ脱毛(光脱毛)

エステ脱毛はエステサロンで行われる脱毛で、光脱毛とも呼ばれます。毛根の黒いメラニン色素に光を当てることでダメージを加えて脱毛を促します。

メリット

自己処理が楽になる

ムダ毛を「減毛」できるので自己処理が楽になります。

痛みが少ない

光脱毛の痛みは一般的に「あたたかさをほんのり感じる程度」だと言われており、痛みの心配はほとんどありません

費用が抑えられる

一般的に、全身脱毛1回当たり20000~25000円程度と他の脱毛方法よりも比較的安価で受けられます。

美肌効果がある

光脱毛に使う脱毛機器は、もともとフェイシャルエステに使われていた機器をもとに作られたものもあります。脱毛と一緒に美肌効果も期待できます。

デメリット

医療脱毛よりも効果が低い

医療行為として行われる医療脱毛(レーザー脱毛)よりも、光の出力が弱いため効果が低くなります。(※レーザーなどの強い光を使った脱毛をサロンで行うことは禁止されています。)永久脱毛の効果はなく、あくまでも「減毛」に留まります。

また、産毛などの細かい毛や金髪・白髪には効果が期待できません。

完了までに回数・期間がかかるので長期的に通う必要がある

エステ脱毛で効果を得るには、一般的に「2~3カ月に一度」「合計12~18回」エステサロンに通う必要があると言われています。

そうすると、完了までに「2~3年」かかります。

医療脱毛(レーザー脱毛)

脇脱毛イメージ

医療脱毛は、クリニックなどの医療機関で行われる脱毛です。

毛根の黒いメラニン色素にレーザーを照射することで毛根を破壊し、脱毛を促します。

レーザー脱毛は医療行為にあたるので、医師や看護師など医療資格を持った者でないと施術できません。

メリット

永久脱毛できる

医療脱毛は、効果の高い脱毛方法です。一回でも効果を実感しやすく、永久的に脱毛できます。

完了までにかかる回数・期間が少ない

医療脱毛で効果を得るには、一般的に「2~3カ月に1度」「合計5~8回以上」通う必要があり、そうすると、完了までに「1~2年」かかります。

エステ脱毛よりも少ない回数と期間で完結させることができます。

産毛まで処理できる

医療脱毛のレーザーは、エステ脱毛では対応していない産毛などの細かい毛の処理にも脱毛効果を発揮します。

産毛は肌のくすみや毛穴詰まりの原因にもなってしまうので、取り除いたほうがよりつるつる美肌になれます。

医者がいるので安心

万が一施術による肌トラブルが起きた場合でも、その場で対応や処置をしてもらえる点で安心です。

デメリット

費用が高い

一般的に、全身脱毛一回当たり50000円~60000円程度かかります。

エステ脱毛よりも痛みがある

医療脱毛の痛みは、「輪ゴムをはじかれるような痛み」と例えられることが多いですが、

痛みは施術部位によっても変わりますし、個人差もあります。痛みを我慢できない場合には麻酔を使用する事も出来ます。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は、脱毛したい箇所にワックスを塗布し、接着したワックスを毛と一気に引きはがすことで脱毛する方法です。

メリット

即効性がある

生えている毛を毛根から抜くので、その場でつるつる肌が手に入ります。

産毛まで処理できる

エステ脱毛の光に反応しない産毛のような細かい毛も取り除くことができます。

デメリット

永久ではないので都度通う必要がある

ワックス脱毛は毛根から毛を抜きますが、今後も毛が生えて来なくなるわけではありません。2~3週間ほど経つと再び毛が生えてくるので、都度通う必要があります

強い痛みが伴う

ワックス脱毛は、毛を抜く時に一瞬強い痛みが伴います。部位によっても異なりますが、皮膚が弱い部位は特に強く痛みを感じることがあります。

肌ダメージのリスクがある

ワックスを引きはがすことで脱毛するため、肌に負担がかかります。また、毛穴が炎症を起こし埋没毛になってしまうリスクもあります。

毛に長さがないと施術できない

毛をワックスに絡めて一緒に引きはがすので、毛の長さが1cm以上ないと施術が出来ません。

ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛とは、専用の針を毛穴にさして電流を流し、毛をつくる細胞を破壊する脱毛方法です。

メリット

永久脱毛できる

生えている毛を一本一本脱毛していくので、針を刺した箇所は確実に脱毛できます。脱毛した箇所は1度で効果を実感できます。

施術前の自己処理が不要

毛が生えている状態で施術を行うので、施術前に自己処理をする必要がありません。

産毛まで処理できる

エステ脱毛の光に反応しないような産毛や白髪でも処理することができます。

ほくろに生えている毛も脱毛できる

メラニン色素に反応するレーザーや光を当てる方法では、やけどの恐れがあるためほくろがある部位は避けて施術する事がありますが、

ほくろの上に生えている毛でも処理することができます。

デメリット

強い痛みが伴う

ニードル脱毛の痛みは、医療脱毛やワックス脱毛の痛みよりも強く、数ある脱毛方法の中で一番痛いとも言われています。

痛みを我慢できない場合には麻酔を使用する事も出来ます。

施術に時間がかかる

毛を一本一本脱毛していくので、全身を脱毛しようとすると何十回も通う必要が出てきます。

費用がかかる

「一本あたり」「〇時間あたり」でお値段が決められていることが多い為、他の脱毛方法よりも高額になってしまいます。

 

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛も光脱毛の一種です。一般的な光脱毛とは違い、肌表面からは見えない発毛因子に弱めの光を照射する事で脱毛する、蓄熱式の脱毛方法です。生えている毛を除去するのではなく、今後の発毛を抑える施術です。

メリット

肌が弱い人でも施術できる

ハイパースキン脱毛は、肌へのダメージが少ない体温ほどの熱を当てるので、肌に優しく敏感肌の方でも脱毛ができます。

痛みが少ない

体温ほどの温度で熱や肌へのダメージが少ない分、痛みもありません。日焼けをしている方でも脱毛できます。

デメリット

費用が高い

一般的に、全身脱毛一回当たり50000円~60000円程度かかります。

エステ脱毛よりも痛みがある

医療脱毛の痛みは、「輪ゴムをはじかれるような痛み」と例えられることが多いですが、

痛みは施術部位によっても変わりますし、個人差もあります。痛みを我慢できない場合には麻酔を使用する事も出来ます。

脱毛方法の選び方

checklist

脱毛の種類と、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。

一長一短ですので、効果・肌の状態・ご自身の手間・費用・完了までの期間の中で重要視するものを基に選ばれるのが良いのではないかと思います。

 

「痛みがなく肌に優しいのが良い」⇒エステ脱毛、ハイパースキン脱毛

「痛くても効果重視!永久脱毛したい」⇒医療脱毛、ニードル脱毛

「急遽つるつる肌にしたい」⇒ワックス脱毛

「とにかく安く抑えたい」⇒エステ脱毛

「少ない回数で脱毛を完了させたい」⇒医療脱毛

従来のデメリットを補う最新脱毛があるって本当?

驚いている女性

もう少しお付き合いください!

Juno women’s beauty渋谷 宮益坂院の“最新機器を使った脱毛”なら、あなたが脱毛に求める多くの条件を叶えられるかもしれません!

 

当院は、この記事の中でいうと「医療脱毛」に分類されますが、最新の脱毛機器を導入し、従来のレーザー脱毛機器と併用して施術を行っています。

最新の脱毛機器は、従来のような黒いメラニン色素に反応するレーザーを使った脱毛ではなく、毛周期に左右されない毛包にアプローチするものです。

毛周期に左右されないので施術間隔が少なくて済みます。

最新機器を使用した脱毛のメリット

毛質・肌質を選ばない

産毛や、白髪・金髪などレーザーの光に反応しないような毛や、日焼け肌でも施術出来ます。

痛みはほとんどなし

最新脱毛機器の痛みは「暖かさをほんのり感じる程度」と表現されます。

従来の脱毛と違い毛包をターゲットとすることで、弱いエネルギーでも十分な脱毛効果が期待できます。

毛周期に関係なくお手入れ可能(3週に一度のペースで通える!)

メラニン色素ではなく毛包にアプローチする機器を使用するため、短い期間で通う事が出来ます。

完了までの期間が短いと言われる通常の医療脱毛でも1~2年かかるところ、最短5カ月で完了できます。

美肌ケアも実現

威力が強いレーザーに比べてお肌に優しく、肌を引き締めて毛穴の目立ちを軽減できるので、美肌効果も期待できます。

低価格を実現できる

施術時間が短くても脱毛効果があらわれるので、低価格を実現できます。

一般的に、全身脱毛一回当たり50000円~60000円程度かかる医療脱毛が、当院では、

1回当たり35800円(※5回コース1回あたり)と相場よりもお安く脱毛を受けていただけます。

まとめ

Juno women’s beauty渋谷宮益坂院では、従来の医療脱毛(レーザー脱毛)のデメリットである「エステ脱毛よりも痛みが伴う」という点や「費用がかかる」という点が解消され、脱毛完了までの期間がより短くなったことで、理想的な脱毛になりました。

Juno women’s beauty渋谷宮益坂院の医療脱毛について詳しく知りたい方はこちら▼

https://shibuya-miyamasuzaka.juno.or.jp/menu/depilation

高品質な施術を相場よりもお手頃に受けられるJuno women’s beauty渋谷宮益坂院で気になるムダ毛を処理して、つるつる美肌を手に入れましょう!