医療脱毛を受ける前後に飲酒の予定が…!脱毛するときはお酒はNG? - Juno women's beauty 渋谷 宮益坂院【東京 渋谷の美容皮膚科】

医療脱毛を受ける前後に飲酒の予定が…!脱毛するときはお酒はNG?

医療脱毛と飲酒

こんにちは、Juno women’s beauty渋谷宮益坂院です。

女性のキレイを応援する当クリニックのコラム、今回は「医療脱毛と飲酒」についてです。

一見無関係な2つに思えますが、「医療脱毛を受ける前や後にお酒を飲む予定があるけど大丈夫でしょうか?」と疑問に思う方も多いんです。

安全に医療脱毛を受けていただくために、今回はアルコールが原因で起きるトラブルなどについて解説いたします。

医療脱毛をする前後は飲酒しないように

医療脱毛の前後の飲酒

医療脱毛を受ける前後は飲酒を避けましょう。

お酒を飲みたいと思っても、医療脱毛を受ける前後12時間は飲酒を避けるようにしてください。

お酒を飲むことで体内にアルコールが入り、施術前後の肌にトラブルが起きやすくなってしまいます

医療脱毛を行っているクリニックは、脱毛をする前後に飲酒は控えるように案内があります。

飲酒による医療脱毛のトラブル①痒みや赤み

お酒を飲むと血行が良くなって身体がポカポカしますよね。

体内の血行が良くなると、肌に赤みや痒みが出やすくなってしまいます。
お酒を飲むと顔が赤くなる方もいらっしゃるかと思いますが、脱毛した部分が赤くなったり体温が上がってしまうと痒みにも繋がりやすくなるんです。

体温が上がって血行が良くなると、それが刺激となり湿疹が出てしまうことも。

飲酒による医療脱毛のトラブル②刺激に敏感になる

飲酒して体温が上がってしまうと、肌が刺激に敏感になってしまいます

体温が高い状態で医療脱毛を受けてしまうと、痛みを強く感じるようになります。
特に、医療脱毛を受ける前に飲酒をしてしまうと施術中の痛みがつらくなってしまうので、避けるようにしましょう。

それに伴い、お酒を飲んだ後に医療脱毛を受けると体調を崩してしまう可能性も高くなります。

飲酒による医療脱毛のトラブル③肌が乾燥しやすくなる

「お酒を飲むと、トイレが近くなるな…」と感じる方も多いのでは?
実は、お酒に含まれるアルコールには利尿作用があり、飲酒すると体内の水分が排出されて肌が乾燥しやすくなります。

施術後の肌はとてもデリケート。医療脱毛した後の肌に感想は大敵です。

それだけでなく、肌が乾燥してしまうと皮膚が硬くなって脱毛の効果も行き届きにくくなってしまいます

脱毛の効果が行き届かないと、折角の医療脱毛でも思うような効果が出ないのでとても損!!

飲酒と医療脱毛を掛け合わせてしまうと、施術中や施術後にも影響が出てしまいます。

医療脱毛の前後に飲酒してトラブルが起きてしまったら?

飲酒によるトラブル

やむを得ずお酒を飲んでしまった際に、どのような対処をすればいいのでしょうか。

まずは肌や体調に異常が出ていないか確認してみましょう。

肌に赤みや痒みはありませんか?

施術した部位に赤みや痒みが出ていませんか?

医療脱毛では施術で肌に負荷がかかっているので、施術直後の肌はとてもデリケート。
施術後の飲酒で一番出やすいトラブルが赤みや痒みなどの炎症です。

肌に赤み・痒みがでても絶対に掻いたりはしないように!肌により強い負荷がかかり、症状が悪化してしまう恐れがあります。


医療脱毛の前後の飲酒で肌に赤みや痒みが出てきた場合は、低刺激の軟膏や保湿剤で保湿するか、患部を軽く冷やすという方法があります。

赤みが出ていなくても、施術した部位は乾燥しやすく、普段以上にデリケートになっているのでしっかりとケアするようにしましょう。

また、冷やす場合は急に冷水などで冷やすのではなくゆっくりと優しく冷やしてください。

医療脱毛を施した部位は、軽いほてりや火傷のような症状が出る場合が多いです。
その状態でお酒を飲んでしまうことで、血行が良くなり熱を帯びやすくなってしまいます。

体調が悪くなったりしていませんか?

飲酒と医療脱毛を一緒に行ってしまった場合は、肌のトラブルだけでなく体調にも注意するようにしてください。

医療脱毛を行う前後の飲酒は体調が悪くなるというケースが意外と多いんです。


施術した部位の違和感や体調不良を感じた場合はなるべく体を休めるようにし、症状に対して不安な部分があった場合は速やかに医師に相談してください。

飲酒以外に医療脱毛で気を付けるべきこと

飲酒以外で気を付けるべきこと

飲酒以外にも、医療脱毛を受ける前には気を付けるべき点が多いのはご存知ですか?

肌や体調によっては施術が受けられない場合もあるので、気になる点は事前に相談しておくようにしましょう。

熱いお湯での入浴や激しい運動などの行動

熱いお湯で入浴すると、お湯自体が肌への強い刺激になり施術後の肌に大ダメージを与えます。
また、お湯につかることで血行が促進されてしまう為、施術した当日の熱いお風呂でのおすすめ出来ません

激しい運動も、体温を上昇させる要因になります。運動が毎日の日課でも、施術した日はお休みするようにしましょう。

スクラブや日焼けなどの強い肌への刺激

本格的な夏が来る前に脱毛を済ませようと思う方は多いですが、紫外線が強い時期の脱毛は日焼けにご注意

脱毛した後の肌が日焼けをするのは一番良くないので、脱毛を行う前後の日焼けには十分ご注意ください。

また、スクラブ剤やピーリングジェルを使用した肌のケアも、施術した後しばらくは避けて、あまり刺激にならないように使用してください。
アルコール成分の入っている化粧品などにも注意するようにしましょう。

施術前に気になることがある場合は

医療脱毛を受ける前に、どうしても気になる部分ってありますよね。

お酒や運動などの日常生活の部分も気にしなければいけないポイントがあるなら、
「普段自分が飲んでいるお薬は大丈夫だろうか」「体質的に自分は医療脱毛を受けられるのかな?」などといった相談は事前のカウンセリングで解決しておきましょう!

渋谷の渋谷の宮益坂にある「Juno women’s beauty渋谷宮益坂院」では、カウンセリングのご予約も承っています。

脱毛を受ける前に確認しておきたいこと、痛みのことなど何でもお気軽にご相談ください。

まとめ|医療脱毛の前後に飲酒は避けましょう

今回は医療脱毛と飲酒について解説しました。

お酒を飲みたいと思っても、施術の前後12時間は飲酒を避けるようにしましょう。

お仕事の関係でどうしてもお酒を飲むことになってしまった場合は、あまり飲み過ぎずに嗜む程度にとどめるように。
普段からお酒を飲んだら顔が赤くなってしまうという体質ならば、よりお酒は避けるようにしてください。